和解
引用元 【アディーレ法律事務所 / B型肝炎訴訟依頼

基本的に、給付金を請求する場合国との和解をしなければならないため弁護士を雇って請求を進めていくのが一般的です。まず、給付金の請求をするには必要書類が多く必要です。人によって請求するために必要な資料は異なりますが、資料を集めたら弁護士側が調査などを行い必要な資料の不足や不備などを確認していきます。その後、不足や不備などが見られなかったら、弁護士側が訴状などを作成し、裁判所に提出をするという流れになります。弁護士を雇うことで、弁護士が国と和解をすすめていくことになり、和解の成立にかかる期間は早くて半年程度だと言われています

国との和解が成立したら、給付金の請求に必要な書類を社会保険診療報酬支払基金というところに提出することで、和解によって決まった金額の給付金を受け取ることができるというような流れになっています。弁護士を雇う場合は、給付金から弁護士費用を引いた額が受取額となることも理解しておきましょう。給付金を個人で請求するのか、弁護士を使うのかについては人によって選ぶことができますが、証拠集めや訴訟をスムーズに進めていきたいのであれば弁護士を使うことを検討した方がより楽になるので、考えて選びましょう。