B型肝炎に感染してしまった人の中には、給付金を受け取る対象になっている人がいます。条件はいくつかありますが、その中の1つが集団予防接種によってB型肝炎に感染してしまったというケースです。昔は今ほど衛生管理の状態が良いものではなく、昭和23年の7月1日から昭和63年の1月27日まで集団予防接種をした人の中にB型肝炎になってしまった人もいらっしゃいます。そのB型肝炎になってしまった理由として注射器を連続使用したことによって、ウイルスに感染してしまった人に対して給付金を支払うというものがあります。

お金給付金の額に関しては病気の状態によって異なり、大体50万円から最高で3600万円程度まで支払われます。この給付金を受け取るためにはまず、給付金を受け取るための条件に当てはまっているのかの確認からしていく必要があり、国を相手に国家賠償請求訴訟というものを起こしたうえで、国との和解をする必要があります。もしも、定められた期間に当てはまりB型肝炎にかかってしまった原因が集団予防接種の可能性が高いという場合は、手順に沿って手続きを進めていくことによって、給付金を受け取ることが可能なケースもありますから、覚えておきましょう。